数学教員免許を持つ女性プロ家庭教師|東京都豊島区

教師番号:320-0228

東京都豊島区/女性/平成4年生まれ

学歴

東京理科大学理学部数学科
東京理科大学大学院科学教育専攻

科目

中学受験:
算数 理科
中学生:
英語 数学 国語 理科 社会
高校生:
英語 数学Ⅲまで 物理 化学 生物(現代文、世界史、日本史などは応相談)

時給

6500円/時

指導地域/移動手段

東京都内 / 公共機関:電車、バス

家庭教師歴/人数

9年 ※塾予備校講師歴、5年

免許・資格

数学教員免許(中学、高校) 数学専修免許状(中学、高校)

趣味・特技

バレーボール、読書

性格

長所:
非常に穏やかで多くのことに寛容です。生徒の立場に立って考えることが出来ます。

短所:
一生懸命になりすぎてしまうことがある。

指導方針

はじめまして。数学を中心に理系科目の指導や英語の勉強の仕方やそのサポートをしていければと思います。指導の方針は勉強方法を教えて計画を立てたり、復習の仕方やタイミングを教えたりしていきながら、ペースメーカーとしての役割をしていければと思います。もちろん、内容の部分で分からないは一生懸命質問対応し、分かるまで教えます。私自身は褒めて伸ばす指導を心がけており、決して怒ったり、高圧的になったりはしません。いっしょに頑張っていければと思います。

合格実績

中学受験:
早稲田実業中等部
高校受験:
中央大学付属高校
大学受験:
早稲田大学、日本大学数学科

備考・関連ページへのリンク

>>数学専門ページはこちら

プロ家庭教師の小エッセイより

◾納得のいくまで課題に向き合う大切さ:

私は都内の難関中高一貫校にて数学を教えた経験があります。その中で経験をして、感じたことは「アウトプット重視で、授業の復習をしっかり行うことの大切さ」です。

この学校の生徒たちは非常に難しい入試問題を解き見事合格をした素晴らしい生徒たちです。毎年60人もの東大合格者を輩出します。そんな学校の生徒たちは日々、どのような勉強をしているのだろうかと教員である私は非常に興味がありました。授業を行う側として、出来る限りその時間で理解が出来るように努めますが、なにせ内容が高度なため50分の授業内容を授業時間内で理解することは優秀な生徒でも難しいです。しかしながら、週に3コマあるその科目の授業で、前回までの内容をしっかり理解して、テストでも高得点をとる生徒がいました。難関校ゆえ、定期テストも簡単ではありませんがテスト問題が授業内容や問題集から外れることがないように作っていました。授業をしっかり理解していれば満点が取れるテストで、その生徒はしっかり毎回高得点を取ってくれていました。

私たち教員が日々授業で言っていたのは、「予習より復習をすること!分からないときは先生の解答を真似ることから始めること」だということでした。

ある日、テスト前でもない放課後の教室で1人、授業のノートを開きじっと考え込んでいる生徒がいました。あの高得点をとる生徒でした。私はその姿を見て、これまでのことが納得できました。なぜ成績がいいのか、前回までの授業内容を理解出来ているのか。その生徒はその日授業で行った証明をまず私が書いたとおりにもう1度書き、本当にこれは正しいのか、どうしてこう言えるのか一生懸命考え、自分が納得いくまで向き合い続けて、何度も何度も書いていました。証明問題が終わったら演習問題を解き、その定理を自分の中に落とし込む作業まで終わったら、静かに帰宅していきました。生徒に聞いたところ毎日数学に限らず放課後3時間程の時間を使って、一生懸命復習をしているのだそうです。友人たちは塾へ行き先取りをしている中、その生徒は今の内容を着実にしっかり理解していく努力をしていたのです。なので、先取りをしている同級生よりも、これまでの内容を確実に解けるように理解してきている分、成績も良かったです。

私はこの生徒のように、言われたことを素直に聞き、焦ることなく、いま目の前の課題を一生懸命に理解しようとすることがどれだけ大切であるかをその生徒のおかげで再認識しました。

数学に限らず、どの教科にも言えることかもしれませんが、「焦らず、しっかり復習をして目の前にある課題を確実に理解していくこと」を大切に、これからも指導をしていければと思います。一緒に頑張らせてください。