317-0620:英語の専門指導|神奈川県川崎市のプロ家庭教師

教師番号:317-0620

川崎市高津区/男性/昭和62年年まれ

学歴

上智大学文学部英文学科

科目

中学受験:
国語 社会

中学生:
英語 国語 社会

高校生:
英語 日本史

時給

5000円/時

指導地域/移動手段

神奈川県、東京都 / 電車

家庭教師歴/人数

6年 / 200人以上 ※塾予備校講師歴10年

免許・資格

普通自動車免許

趣味・特技

音楽鑑賞 カラオケ 野球

性格

長所:
負けず嫌い。

短所:
人に厳しい。

指導方針

現在、大手予備校の四谷学院において英語の個別指導、また家庭教師をしております。

指導経験としては、個別教室のトライで個別指導3年、早稲田アカデミーなどで集団指導4年、そして家庭教師6年の経験があります。その他、河合塾Wings、新教育にて文系科目の集団指導、JOBA、医学部予備校シナプス、飯田橋ゼミナールにて個別指導の経験があります。個別指導と家庭教師を合わせると300名以上の指導経験があります。

勉強のやり方がわからないとか勉強に対するモチベーションが上がらないといった生徒の指導に自信があります。また、自分自身、高校時代は部活と勉強の両立に苦労したので、短い勉強時間で結果を残すにはどうすればよいかということを常に考えていました。その中で、効率の良い学習法を追求し、自分の中で確立することが出来ました。

英語の文法や単語の暗記では反復練習の重要性に気付き、生徒にはそれをしっかりと伝えています。学習した分だけしっかりと結果に結びつくような指導を心がけています。とにかく、最終的に、講師に頼るのではなく、自立し、自分で問題を解決できるようにさせるのが講師の務めだと考えています。

合格実績

大学受験:
慶應法学部、早稲田文化構想学部、上智経営学部、青山学院国際政治経済学部など

高校受験:
川崎市立橘、サレジオ高専、朋優学院、霧が丘、保土ヶ谷、横浜

中学受験:
青稜、明治学院など

備考・関連ページへのリンク

※備考:公務員試験は応相談

>>英語専門ページはこちら

>>中学受験専門ページはこちら

プロ家庭教師の小エッセイより

■暗記のすすめ

私が今まで10年間ほど英語の指導をしてきた中で成績が伸び悩んでいる生徒の共通項としては、とにかく演習不足、それに尽きると思います。

学校の授業、予備校の授業で先生の解説を聞き丁寧にノートをとり、それでわかった気になり、満足をしてしまうのです。

また、参考書の説明をただ読んだり、その内容をノートに自分なりにまとめたりすることに夢中になっているケースも多いです。そのため、私の指導では、しっかりと演習をさせて、本人に現状の学力をしっかりと自覚させます。

そして、課題では、満点がとれるまで、何度も同じ問題を反復練習させます。そうすることで知識が定着し、単語も文法も身に付くのです。

知識を反復練習を通して、しっかりと身に付けさせることによって、それが理解につながるのです。ただ、その時に「ただ覚えろ」というのではなく効率の良い覚え方をしっかりと示してあげることが重要だと思います。

例えば、単語の暗記においては、語源に着目させることです。「expect=ex(外を)+spect(見る)→(何かを求めて)外を見る→予期する、期待する」だとか「inspect=in(中を)+spect(見る)→詳しく調べる、調査する」といった具合にです。

アルファベットの並びで覚えている生徒と、語源から覚えている生徒では、どちらが効率よく単語が覚えられるかは一目瞭然です。さらに、語源でしっかりと覚えていれば、初めて見る単語でさえ、意味が推測できたりするようになります。先ほどの例で言うと、仮に、aspect、prospect、suspect、spectacleといった単語の意味が分からなくても「(spect)が入っているから(見る)と関係がある単語だな」と考えることが可能になるのです。

以上のように、「理解」のためには「知識」が必要であり、それを最短の時間、最小の努力で、効率よく身に付けさせることが、私の務めであり、家庭教師の務めだと考えております。