117-0525:大阪府高槻市のプロ家庭教師/大学受験の英語・国語など

教師番号:117-0525

大阪府高槻市/男性/昭和36年生まれ

学歴

駒澤大学法学部

科目

中学受験:
算数 国語 理科 社会

中学生:
英語 数学 国語 理科 社会

高校生:
英語、現代文、小論文、古文、数学ⅠA、公民、化学Ⅰ

時給

3000円:高校受験
4000円:中学受験・大学受験
5000円:公務員試験一般教養科目・難関中学・公立一貫中学・難関私立高校・難関大学受験・公務員試験専門科目(法律)

指導地域/移動手段

大阪市、大阪府北部、京都府南部、兵庫県東部/車

家庭教師歴/人数

12年/40人以上

免許・資格

普通自動車免許

趣味・特技

空手 柔道

性格

長所:
生徒様、ご家庭様のご希望に合わせてたくさんの引き出しをご用意いたしております。

短所:
時に小さな点まで考えてしまうことがあります。

指導方針

生徒様、ご家庭様のご希望に合わせて指導方針は多数持ち合わせてございます。ご希望通りの指導を心がけております。よろしくお願いいたします。

合格実績

2016年度:
■中学受験:
清風中学、関大北陽中学、常翔中学

■高校受験:
城星高校

■大学受験:
京都産業大学

2015年度以前:
■中学受験:
成田高校付属成田中学、清真中学他

■高校受験:
千葉高校、千葉東高校、佐倉高校、市川高校、国府台女子高校他

■大学受験:
早稲田大学他

備考・関連ページへのリンク

数的推理、判断推理、行政法、憲法、民法、刑法

プロ家庭教師の小エッセイより

■自分に最適の学習方法を:

何においても言えることですが、勉強を始めるうえで大切なことは目的を定め、またはある程度の目的を定め、その目的を達成するための勉強をすることです。

例えば、大学入試を考えてください。高校の定期テストでしっかりとテスト対策をしてある程度の成績をとり、その成績に見合った大学プラスすべり止めを受験するのか、大学受験勉強をしっかりとして模試を受け偏差値に見合った大学を受験するのか、入りたい大学を決めてその大学に入るための勉強をするのか。

ここで考えるべきことは、多くの大学は入試において合格点を定め、その得点以上の受験者を合格させているということです。簡単に言うと、ある点をとれば合格ということです。入試で点をとるということは、偏差値も、成績も全く関係はありません。

重要となるのは過去問学習です。多くの大学の出題形式はほとんど変わりません。いわゆる赤本には前年までの合格最低点が載っています。これも毎年ほとんど変わりません。 結局、過去問で必要とされる知識を確認した後に、教科書・参考書等で必要な知識をインプットし、合格点プラスアルファがとれるまで、過去問を繰り返し解くということです。

私の生徒で、某大学文系5学部をそれぞれ赤本最新刊(6年分)、旧年版(6年分、アマゾンで100円位+送料で売ってます。)12年分を数回解いた猛者もいます。(すべり止めにもう1冊。1冊1回ではこの分は落ちましたが。) 大学は求める学生を定めています。大切なことは、どのような学生が求められているのか、志望校を定めそこに入るために何をすべきか、何をしなければならないかということです。模試で合格判定Aでも落ちるときは落ちます。学年順位上位でもやり方ひとつで落ちるときは落ちます。

以上のことは、高校受験・中学受験でも同じことが言えます。中学受験の生徒で、偏差値40前後でもターゲット(志望校)を定めて過去問でしっかり準備した生徒は偏差値60前後の中学に合格しています。大学受験、高校受験にも言えることですが、中学受験においては特にどの科目で何点取れるのか、どの科目で何点取らなければならないのかが重要になります。

例えば、4科合格最低点が200点だとします。算数が苦手ならば算数以外の3科平均60点とれれば3科合計180点で算数は20点で合格です。ただし、科目毎に合格基準点を設けている学校がありますので注意が必要です(例えば算数最低40点等。)。 勉強にはいろいろな方法があります。無理な勉強は良い結果を生みません。自身に最適な方法を見つけることも大切なことです。