117-0510:中学受験から難関大受験までの西宮市女性プロ家庭教師

教師番号:117-0510

兵庫県西宮市/女性/昭和63年生まれ

学歴

神戸女学院中・高
京都大学法学部

科目

中学受験:
算数 国語 理科 社会(難関校は国語、社会)

中学生:
英語 数学 国語 理科 社会

高校生:
英語 数学Ⅰ・Ⅱ・AB 現代文 古文 漢文 世界史 日本史

時給

6000円/時

指導地域/移動手段

西宮市・神戸市・尼崎市・大阪市他 / 電車

家庭教師歴/人数

5年 / 10人以上

免許・資格

平成25年国立大学法人職員等統一採用試験合格

趣味・特技

カラオケ テニス 音楽 漫画・音楽鑑賞 読書

性格

長所:
明るく、誰とでも仲良くなれる。真面目で優しい。

短所:
くよくよと考えすぎたり、せっかちなところ。

指導方針

自分の受験経験や今までの指導歴を生かし、生徒さまに何が必要かを常に考えています。
受験生は一緒に合格をつかみとりましょう。また、勉強そのものを楽しいと思ってもらえるよう、モチベーションを下げないことも意識しています。

合格実績

中学受験:
神戸女学院中学部・四天王寺・六甲

大学受験:
京都大学(文学部)・神戸大学(法学部)・同志社大学(文学部)・関西学院大学(法学部)

備考・関連ページへのリンク

>>中学受験専門ページはこちら

>>医学部専門ページはこちら

>>国語専門ページはこちら

プロ家庭教師の小エッセイより

■受け継がれる思い:

小学3年生の頃から、地元の個人塾に通い、当時の成績から神戸女学院を目指すように塾の先生から言われました。小学5年生までは順調かと思われたのですが、過去問を解き始めるくらいから、徐々に成績が下がってしまい、家庭教師のお世話になり始めました。その先生は奇しくも神戸女学院出身の先生でした。

とにかく考えるということに重点を置いた先生の授業で、苦手だった算数の成績もどんどん伸び、志望校合格を勝ち取ることができたのですが、合格できたのには1つのお守りの存在も大きかったと思います。そのお守りは、その先生が、それもまた15年近く前、先生が中学受験を控えていた当時、お世話になっていた家庭教師からもらったという、ピンク色の筒のような形をした小さなお守りでした。

「私もそのお守りで、受験当日にすごく勇気をもらったから、ぜひそれを持っていってね。」

試験前日、緊張で早朝まで眠れなかった私でしたが(2時間くらいしか寝ていなかったと思います)、そのお守りを握りしめて勇気をもらったあの日を今でも忘れません。 そして、私自身が家庭教師をするようになって、どういう巡りあわせか神戸女学院を志望する生徒に出会いました。5年生から受験が終わるまで、一緒に頑張った子です。私と違ってプレッシャーに弱いタイプには見えませんでしたが、捨てられずにいた小さなあのお守り(さすがに布の部分がボロっとしていました)、経緯を話して、「先生がもらったお守り、よかったらどうぞ。」と渡したところ、大変喜んで受け取ってくれたのを今でも覚えています。

そして見事、彼女は合格を勝ち取りました。 受験とは、もちろん本人の努力無くして成しえないものですが、それを支えるのは家族をはじめとする周囲の応援でもあり、また、中学受験にしても、高校受験にしても、大学受験にしても、人とのご縁(それは塾の先生だったり、家庭教師の先生だったり、友達だったり、色々でしょう。)と切り離せないものだと考えています。 そういった「縁」を実感してもらえるような、そんな授業を目指しています。